私たちの強み

グローバル市場
GLOBAL MARKET

良いものを作れば必ず売れる。
メーカーとしての姿勢を
世界に伝え続けていく。

日本ではあまり目にしなくなった「ござ」や「むしろ」ですが、アジア、アフリカの国々では国連の救援物資になるほど、現地の暮らしに欠かせないものです。 それだけに、当社の取引先となる敷物メーカーも数多く存在し、同時に安価な模造機械も沢山出回っています。 しかし、その性能、耐久性、仕上がる製品のクオリテイには歴然とした差があり、「やっぱりASAGOEでなければダメだ」と当社機械に切り替える企業が数多くいらっしゃいます。 ナイジェリアのある企業家はこう言いました。「他社の機械で作るゴザより、ASAGOEの機械で作るゴザのほうが沢山売れるんだよ。消費者は良質な製品を長く使い続けるほうが得だとわかっているんだ。」 〈良いものをつくる〉という日本のモノづくりの姿勢を、私たちはこれから発展していく国々へダイレクトに伝えています。

当社が取引する人の中には、ゴザの製造販売で莫大な財を築き国を代表する企業家に成長した人物も数多くいます。 現在の主要取引国であるアフリカ地域でも、若者たちが夢と野心をもって事業を行っています。彼らの情熱を私たちは高いクオリティの製品で応援しています。

技術力
TECHNICAL CAPABILITIES

製造過程で必要な
加工機器や部品まですべて
自社で一貫生産するこだわり。

いくつもの部品を組み立て完成させていく機械は、その工程ひとつひとつの精度が完成品のクオリテイを決定づけます。使用する部品に少しでもゆがみがあれば、できあがるゴザの織り目に狂いが生じることもあります。 そのため、当社ではすべての工程を自社のエンジニアがおこなうことで、高いクオリテイを保持し続けています。 使用する部品も自社で設計・加工し、また、必要ならば加工機械さえも自分たちで製作していきます。 そしてベテランエンジニアがその卓越した加工技術を若手社員に継承し、若手社員がさらに時代に合わせて進化させていく。それを繰り返すことで、常に世界最新・最高水準の技術を守り続けています。

【研究・開発室】先端技術を採り入れながら常に技術研究・改良をおこなっています。また、各国のユーザーニーズに合わせてカスタマイズしたり、フルオーダーメイドにも対応。自社一貫生産だからこそできる柔軟な開発・製造体制が当社の強みとなっています。

製造工程
MANUFACTURING PROCESS

自社一貫生産体制により
幅広い技術を持った
技術者の育成が可能です。

資材搬入

10m以上の鋼材など、各種素材を仕入れ、それらを指定サイズに加工していくところから織機製作がスタートします。写真左は加工前の鋼材。右はカット後のもの。織機の足として使用されます。

各種加工

ボール盤、フライス盤などで必要な部品を作りだしていきます。 コンピュータ制御による自動加工機械の他、手作業でなければできないものもあり、熟練した技術が必要となります。こうした一つひとつの部品の精度の高さが機械全体に影響してきます。

塗装

色をつけると同時に錆止め加工などを施します。当社の機械はコンテナに積まれて赤道直下を通過することがあるため、どんな環境にも耐えられるよう厳重な対策を行っています。

アセンブリ

当社製品の心臓部となる部品の組み立て・加工エリア。残念ながらお見せできませんが、ここで使用する機械はすべて自社で開発し、非常に精密な加工作業をおこなっています。

アセンブリ

精密なアセンブリ部品の組み立て工程です。駆動箇所の組み立てでは、非常に繊細な調整が必要となるため、ベテランのエンジニアが担当しています。

最終組立

試運転

全ての部品を最終製品に組み立てます。一人の社員が全てを組み上げるセル生産方式。ベテラン社員でも1台組み立てるのに三日を要します。また、組み立て後には試運転と調整を繰り返し、ようやく完成となります。

検査・仕上

組み上がった製品を最終チェックしたのち、いよいよ海外のお客様のもとへ。安定した輸送ができるよう、一つのコンテナに3台がピッタリと収まるようにサイズ設計されています。

研究開発

ユーザーのニーズを具現化するカスタマイズはもちろん、最新技術を導入した新機種の開発、耐久性・機能性向上のための研究開発など、より良い製品づくりのために、幅広い分野の技術を採り入れた取り組みをおこなっています。

営業

営業は、外国人社員を中心に世界中を飛び回りクライアントとの折衝や現地の情報収集にあたっています。当社の製品が各国のお客様の成長に貢献していることを強く実感できるポジションです。